合法ドラッグについて

ドラッグについてですが、日本では薬物乱用が大きな問題となっており、複数の公的機関が取り組んでいます。そのため、合法なドラッグというものは限られています。

合法なドラッグとして、日本では医師が処方してくださいます抗生剤や、以下の薬剤の範囲内で行われています。

・鎮痛剤
・鎮静剤
・抗うつ剤
・止痢剤
・抗菌剤
・抗けいれん剤
・抗アレルギー剤
・免疫抑制剤
・抗がん性剤
・ホルモン療法薬
・中枢神経抑制剤
・抗パーキンソン剤
・抗不安剤

いずれの場合も、乱用することは禁止されているので、注意が必要です。

CBD(キャノナビージョンドール)についても、日本では合法性が曖昧な状況です。本来は、マリファナと呼ばれる薬物の一種ですが、一般的なドラッグとしては認められていません。一方で、研究が進むにつれて、CBDには鎮痛効果や鎮静効果などがあることがわかりつつあります。しかし、日本では、CBDをドラッグと捉えるのではなく、栄養補助食品として認めており、またカンナビジョン(CBDパウダー)を商品名で登録することも可能です。したがって、CBDについては、日本政府の登録規則を守って合法的な利用を確実にする必要があります。

 
Call Now Buttonこのボタンを押すと、マリンスノウの事務所に電話します。